オンラインゲームの日本オンラインゲーム協会の意味

日本オンラインゲーム協会【にほんおんらいんげーむきょうかい、Japan Online Game Association】
 
<用語解説>
日本オンラインゲーム協会
日本オンラインゲーム協会(Japan Online Game Association、JOGA)は、オンラインゲーム運営会社の集まりで正会員と準会員制度で、2014年3月現在約60社。
ゲームユーザーに安全なサービスを提供するにあたり、諸問題を解決するため、2007年に日本オンラインゲーム協会を設立された。
オンラインゲーム市場やオンラインゲームから派生したソーシャルゲームスマホゲーム等新しいゲームサービスビジネスの更なる発展のため、オンラインゲームビジネスに関わる企業が、共にオンラインゲーム産業およびIT産業の振興とそのための啓発・認知向上活動、調査・研究活動、懇親会などで情報交換、海外企業とJOGA会員企業が商談などを通し、各種セミナー、経済社会の発展、国民生活など広く公益の増進に寄与するために活動を行っている。
<ゲーム一般の関連用語>
  • イナゴ
  • ライトユーザー
  • マルチプラットフォーム
  • ホワイトユーザー
  • クソゲー
  • ネットカフェ
  • MMO
  • MO
  • 同時接続者数
  • 日本オンラインゲーム協..
  • 用語のカテゴリー

    ゲーム全般

    ゲーム制作(8) ゲーム運営(11)
    遊び方・操作(8) アカウント(11)
    広告・広報(7) PC・サーバー(6)
    不具合(11) マナー(3)
    ゲーム一般(10) チャット・BBS(15)
    社会問題(1)

    MMORPG

    サービス状態(9) 課金(12)
    世界観(11) システム(33)
    職業(19) ステータス(17)
    ステージ(11) プレイヤー(8)
    モンスター(15) キャラクター(13)
    装備品(5) アイテム(17)
    スキル(25) プレイ一般(8)
    禁止・迷惑(14)

    ゲームジャンル

    RPG(8) シミュレーション(6)
    シューティング(14) アクション(10)
    パズルゲーム(11) ボードゲーム(6)
    スキルゲーム(12) おもしろゲーム(8)
    かわいいゲーム(11) 着せ替えゲーム(19)
    スポーツゲーム(8) 定番ゲーム(6)
    フラットフォーム(1) 制作言語別(2)
    他のゲーム(15)
    コンテンツについて  |  リンクフリー
    Copyright(C) 2017 Gpedia All Rights Reserved. お問合せ