オンラインゲームの公式RMTの意味

公式RMT【こうしきあーるえむてぃ】
 
<用語解説>
公式RMTとは
公式RMT(リアルマネートレーディング、Real Money Trading)とは、
RMTの問題点を克服するため、ゲーム会社が直接RMTを運営するシステム。

アイテムなどを専門業者から購入やユーザー間直接取引のRMTは多くのトラブルや詐欺などの問題点があり、どうしてもゲーム内アイテムの取り引きがしたい人にとって非常に安全な手法が用意されたことである。主にユーザー間のアイテム取引で、取引が発生するとゲーム内通貨を運営会社に手数料で払う仕組みである。つまり、運営会社がRMT専門業者の役割を行うことである。しかし、この公式RMTが活発になると運営会社の収益モデルが厳しくなる。

第三者によるRMT行為ではなく、運営自らがゲーム内通貨に換金しやすい課金アイテム等を販売すること。
<課金の関連用語>
  • リアルマネー
  • ウェブマネー
  • RMT
  • アイテム課金
  • ハイブリッド課金
  • フリーゲーム
  • 仮想通貨
  • 基本プレイ無料
  • 月額課金
  • 公式BOT
  • 公式RMT
  • 無料ゲーム
  • 用語のカテゴリー

    ゲーム全般

    ゲーム制作(8) ゲーム運営(11)
    遊び方・操作(8) アカウント(11)
    広告・広報(7) PC・サーバー(6)
    不具合(11) マナー(3)
    ゲーム一般(10) チャット・BBS(15)
    社会問題(1)

    MMORPG

    サービス状態(9) 課金(12)
    世界観(11) システム(33)
    職業(19) ステータス(17)
    ステージ(11) プレイヤー(8)
    モンスター(15) キャラクター(13)
    装備品(5) アイテム(17)
    スキル(25) プレイ一般(8)
    禁止・迷惑(14)

    ゲームジャンル

    RPG(8) シミュレーション(6)
    シューティング(14) アクション(10)
    パズルゲーム(11) ボードゲーム(6)
    スキルゲーム(12) おもしろゲーム(8)
    かわいいゲーム(11) 着せ替えゲーム(19)
    スポーツゲーム(8) 定番ゲーム(6)
    フラットフォーム(1) 制作言語別(2)
    他のゲーム(15)
    コンテンツについて  |  リンクフリー
    Copyright(C) 2017 Gpedia All Rights Reserved. お問合せ