オンラインゲームのMMORPGの意味

MMORPG【エムエムオーアールピージー、Massively Multiplayer Online Role Playing Game】
 
<用語解説>
MMORPGとは
MMORPGとは、インターネットでつながるオンラインゲームの一種で「Massively Multiplayer Online Role Playing Game」の略である。
一つのサーバー(ワールド、ゲーム世界)へ同時に百人~数千人程度のプレイヤーが同時にプレイできるRPG(ロールプレイングゲーム)をいう。「多人数参加型オンラインRPG」などと訳す。オンラインゲームといえば、普通MMORPGのことを言うぐらい一番高い人気のジャンル。
単に多人数という人数のことだけではなく、一緒に協力してプレイしながら、同じゲーム世界を動かしていく特徴がある。これはシングルプレイゲームとの大きな違いでもある。
MMORPGでは「クリア」という概念がない。新しいイベントが行われたり、システムがアップグレードされたりと、仮想世界が続いていく。最初のMMORPGは、1996年9月に米国3DO社が発売した「Meridian59」である。
MMORPGの特徴
・MMORPGは基本的に遊び方は自由
・ほかのプレイヤーと会話やギルドやパーティーを組んで敵と戦うことができる。
 つまり、自分以外のプレイヤーが、ゲームの進行にまで影響を与えます。
・MMORPGはプレイするたびに大きな変化があり、同じようなプレイというものがない。
・MMORPGの世界では常に時間が経過しており、ログインしていない間も時間が進む。
・ゲームシステムがアップデートされ続ける。次々と新しい要素が組み込まれるので
 どれだけそのゲームをプレイしても、そのゲームをやり尽くすということは難しい。
 オンラインゲームは終わりがないゲームだともいえる。
MMORPGの主なシステム
クエスト:ミッションをクリアすることでさまざまな恩恵を得る。
成長:キャラクターを好きなように育成・成長させる楽しみ。
生産:素材を集めてアイテムを直接作って、販売や交換する経済システム。
職業:キャラクターの役割・仕事。キャラクターの特徴を決定付ける要素。
・コミュニティ:ギルドパーティクランなどでみんなで戦える、仲間として楽しめる。
ハウジング:家を立てて結婚したり、友人を家に招待したり人生を楽しめる。
結婚:キャラ同士が結婚することで特定のキャラクターとより強い「絆」を結ぶこと。
課金システム
MMORPGの課金システムは、初期のMMORPGでは月額課金が多かったが、最近はほとんど基本プレー無料のアイテム課金システム(都度課金)になった。様々な決済システムを通りしてゲーム内の仮想通貨を購入して、その仮想通貨でアイテムなどを購入する仕組み。ゲームを進めるに様々なメリットがあるアイテムを購入したい時に課金するシステムを採用している。もちろんアイテムを購入しなくてずっと無料で楽しめる。
<RPGの関連用語>
  • オンラインゲーム
  • MMORPG
  • MORPG
  • RPG
  • RTS
  • アクションRPG
  • オンラインRPG
  • かわいいMMORPG
  • 用語のカテゴリー

    ゲーム全般

    ゲーム制作(8) ゲーム運営(11)
    遊び方・操作(8) アカウント(11)
    広告・広報(7) PC・サーバー(6)
    不具合(11) マナー(3)
    ゲーム一般(10) チャット・BBS(15)
    社会問題(1)

    MMORPG

    サービス状態(9) 課金(12)
    世界観(11) システム(33)
    職業(19) ステータス(17)
    ステージ(11) プレイヤー(8)
    モンスター(15) キャラクター(13)
    装備品(5) アイテム(17)
    スキル(25) プレイ一般(8)
    禁止・迷惑(14)

    ゲームジャンル

    RPG(8) シミュレーション(6)
    シューティング(14) アクション(10)
    パズルゲーム(11) ボードゲーム(6)
    スキルゲーム(12) おもしろゲーム(8)
    かわいいゲーム(11) 着せ替えゲーム(19)
    スポーツゲーム(8) 定番ゲーム(6)
    フラットフォーム(1) 制作言語別(2)
    他のゲーム(15)
    コンテンツについて  |  リンクフリー
    Copyright(C) 2017 Gpedia All Rights Reserved. お問合せ