オンラインゲームのベンチマークテストの意味

ベンチマークテスト【bench mark test】
 
<用語解説>
ベンチマークテストとは
オンラインゲームにおける「ベンチマークテスト(bench mark test)」とは、プレイするパソコンがそのオンラインゲームを快適にプレイできるスペックになっているかを調べること。つまりパソコンのスペックを図るため指標。「ベンチテスト」や「ベンチマークデモ」ともいう。
プレイするパソコン(PC)がそのオンラインゲームの動作水準を満たしているか、どの程度快適に動作するかをを計測する「動作検証」である。ベンチマーク(bench mark)は、基準という意味で本作環境を基準に、プレイするパソコンがどのようなスペックなのかを調べることになる。
MMORPGなどのオンラインゲームは、ゲームデーターをダウンロードしてパソコンにインストールする必要があり、データー容量などが重くてゲームがうまくコントロールできない場合がある。こういう問題を確認するために、ゲーム会社が体験版やソフトを事前に無料で公開する場合がある。
<ゲーム運営の関連用語>
  • ベンチマークテスト
  • アップデート
  • メンテ
  • ティザーサイト
  • メンテナンス
  • イベント
  • GM
  • サービス終了
  • 緊急メンテ
  • 定期メンテ
  • 定期メンテナンス
  • 用語のカテゴリー

    ゲーム全般

    ゲーム制作(8) ゲーム運営(11)
    遊び方・操作(8) アカウント(11)
    広告・広報(7) PC・サーバー(6)
    不具合(11) マナー(3)
    ゲーム一般(10) チャット・BBS(15)
    社会問題(1)

    MMORPG

    サービス状態(9) 課金(12)
    世界観(11) システム(33)
    職業(19) ステータス(17)
    ステージ(11) プレイヤー(8)
    モンスター(15) キャラクター(13)
    装備品(5) アイテム(17)
    スキル(25) プレイ一般(8)
    禁止・迷惑(14)

    ゲームジャンル

    RPG(8) シミュレーション(6)
    シューティング(14) アクション(10)
    パズルゲーム(11) ボードゲーム(6)
    スキルゲーム(12) おもしろゲーム(8)
    かわいいゲーム(11) 着せ替えゲーム(19)
    スポーツゲーム(8) 定番ゲーム(6)
    フラットフォーム(1) 制作言語別(2)
    他のゲーム(15)
    コンテンツについて  |  リンクフリー
    Copyright(C) 2017 Gpedia All Rights Reserved. お問合せ